電話番号

ブースター(増幅器)について

ブースターはDX、マスプロ、などの国内メーカーを使用しています。

地デジではスカイツリーに移行後、電波がかなり良くなっているので、キー局のみであればブースターを使用しなくても映るケースが多くなっています。

ブースターはアンテナの真下で51dB以上であれば、アンテナ設置後にTV端子の電波調査をした後の取付が可能です。

アンテナの真下で40dB等であればほぼ確実に必要となります。

DXアンテナのブースターの写真

地デジのブースター

一戸建の地デジの電波はアンテナ直下の値と、テレビ手前での値が10~20dB程の差があります。

これは、ケーブルでの損失(20mで4dBほど)と分配器での損失(5分配で10dB程)と壁面端子での損失(1dB程)等があるためです。

地デジ放送はアンテナレベルが34dB以上で視聴可能ですが(MER、BERが良い前提)日時や天候によって6dB程度は変動がありうるのでテレビの位置での望ましいアンテナレベルは40dB以上だと考えています。

以上から、アンテナ直下で51~55dB、テレビ側で40dBがブースター使用の分岐点の目安だと考えています。(BER、MERの値が良い前提です)

BSのブースター